発酵水は、母なる海の恵みの日本在来の天然海藻(緑藻類・褐藻類・紅藻類)
およそ30種類を独自製法で長期自然発酵させて、手づくりで原液づくりをしている発酵飲料です。

なんで、雑穀を食べると元気になるの?



※写真はイメージです


※写真はイメージです


※写真はイメージです

今日9月16日(金)は何の日?
「一粒万倍日」(いちりゅうまんばいび)だそうです。

その一粒万倍日の日にふさわしい情報をご紹介いたします。

ちなみに、一粒万倍日とは、「吉日として有名な大安に並ぶ大変に縁起のよい吉日とされ、その意味はたった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、素晴らしい稲穂になることを表して、わずかな物で始めた事が何倍にも大きく膨らむとされ、新しい物事をスタートするにはもってこいの日といわれています。」

例えば、
・サロンやショップ、企業などの開業
・新しいことの種まき
・出資や投資など
・結納や結婚などのお祝い事
・宝くじの購入など

さて、今日の本題に入りますが、私たちのご先祖様や先人先達が古代から食してきた「雑穀」を食べると、なぜ元気いっぱいなるのか?
その訳を、数ある雑穀の中から「もちアワ」を取り上げて検証し、元気になる理由を証明したといいます。

教えてくれたのは雑穀や穀物を使った数々の料理で定評がある「ジャパンズビーガンつぶつぶ」さんです。

それにしてもすごい雑穀パワー!恐るべし!
だから元気になって力が出るんですね。

成分がどうとか、栄養素がどうのこうのではなく、その逞しい「いのち」「生命力」そのものをいただくのです。
改めて納得しました。(感謝)

『検証!なんで、雑穀を食べると元気になるの?』

同じ1粒でも、雑穀の小さな、小さな1粒!
「1粒万倍」という言葉がありますが、本当に1粒まけば、何万倍にもなるんでしょうか?
なんと、それを実験して確かめた人がいるんです。

雑穀の里で活動する佐々木真知子さん。
真知子さんは、雑穀研究会を率いて雑穀栽培もしています。
元管理栄養士ということもあって、実践、検証がだ~い好き!?

もちアワ1粒から何粒育つのか、実際に数えてみたそうです。
どうやって、確かめたのか、そのやり方をご紹介。

さて、みなさんは、もちアワ1粒から何粒できたと思いますか?
1万? 3万? 8万?・・・
なんと、55万4000粒だったそうです。

超ビックリ~
これは、最初に蒔いた粒を数えておき、もちアワ1gの重さと実際の収量から計算した数字なので、リアルに数えた訳ではありません。

それにしても、万単位ではなく、何十万単位に増えるとは、すご~い!!

ちなみに、1gのもちアワは250粒あったそうです。
ということは、1カップは160gだから、
250粒×160粒=40,000粒
そして、1粒が55万4000粒に育つのだから、
40,000粒×554,000粒=22,160,000,000粒(221億6千万粒)
という、とんでもない数字に!

そんな途方もない生命エネルギーが、もちアワ1粒に詰まっています。
雑穀を食べると元気が出るわけ!なんか身も心も満たされるわけ!わかりました?

超なっとく~
?Gg[???ubN}[N??