発酵水は、母なる海の恵みの日本在来の天然海藻(緑藻類・褐藻類・紅藻類)
およそ30種類を独自製法で長期自然発酵させて、手づくりで原液づくりをしている発酵飲料です。

脳内幸せホルモン「ドーパミン」不足の症状や出し方






脳内麻薬や快楽物質、幸せホルモンと呼ばれる「ドーパミン」とはなにか?
それが不足したときの様々な症状やどんどん出して解消する簡単なやり方をご紹介いたします。

教えてくれたのはOggi.jpさんです。
とてもわかりやすく、また誰にもできそうですので、ぜひ参考にされてください。

それでは、Oggi.jpさんの記事『脳内麻薬「ドーパミン」とは?「ドーパミン」不足の症状や出し方を紹介!』を、下記のアドレスからご覧になり、お役立てください。

脳内麻薬「ドーパミン」とは?「ドーパミン」不足の症状や出し方を紹介!
Oggi.jp 2022.08.30
https://oggi.jp/6813687

「ドーパミン」とは、やる気を出す神経伝達物質の一つ。
意欲や幸福感をアップさせる働きを持ち、脳内麻薬や快楽物質とも言われています。
当記事では「ドーパミン」不足の症状から、出し方、「ドーパミン」が多い人の特徴まで紹介します!

「ドーパミン」とは?
脳内麻薬や快楽物質とも言われる「ドーパミン」。
一度は聞いたことがあるものの、何なのか詳しくは知らないという方も多いでしょう。
まずは、「ドーパミン」とは何なのかについて解説していきます。

「ドーパミン」はやる気を促すホルモン
「ドーパミン」とは、簡単に言うとやる気を出す神経伝達物質の一つ。
意欲や幸福感をアップさせる働きを持ちます。
「ドーパミン」は、幸福感を与えてくれるため、「セロトニン」や「オキシトシン」と並び、幸せホルモンと呼ばれることも。

「ドーパミン」は、楽しいことをしているときや、目標を達成したとき、好きな音楽を聞いているときのほか、「この後に何か良いことが起きる」と感じたときに大量に分泌されるのだそう。
「ドーパミン」が分泌されると、達成感や喜び、快感などをもたらすほか、情報を一時的に記憶する能力・ワーキングメモリを高める効果もあります。

「ドーパミン」も含まれる3大神経伝達物質とは?
神経伝達物質とは、細胞から細胞へと情報を伝える物質のこと。
「ドーパミン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」の3つが代表的な神経伝達物質です。
「ノルアドレナリン」は、ストレスを感じたときに放出され、集中力を高めたり、積極性をもたらすなどの効果があります。

「ドーパミン」も「ノルアドレナリン」も適度であれば問題ないのですが、過剰になると依存症やヒステリーを引き起こしてしまうことも。
そこでもう一つの「セロトニン」が、この2つの分泌を抑制して、精神の安定を保ち、心のバランスを整えてくれているのです。

「ドーパミン」が不足するとどうなる?
すでに説明したように、「ドーパミン」は、人のやる気や幸福感などに大きくかかわっている物質です。
そのため、不足すると「意欲が出ない」「好奇心が起こらず無気力になる」「感動しにくくなる」といった症状を引き起こします。
また、「ドーパミン」は運動にも関係するホルモンのため、運動がうまくできなくなるパーキンソン病の原因にもなるのだとか。

そのほか、「ADHD(注意欠如・多動性障害)」も「ドーパミン」不足が原因の一つであると言われています。
こうした病気や障害には、「ドーパミン」を補う薬を用いて、症状の解消を促すそうです。

このように、「ドーパミン」は不足するとさまざまな症状を引き起こしますが、過剰になるのもよくありません。「ドーパミン」が過剰になると、アルコール依存症やギャンブル依存症、総合失調症などを引き起こすことも。
不足しても、過剰になっても悪影響があるので、適度に分泌されている状態がベストなのです。

「ドーパミン」が出る瞬間とは?
「ドーパミン」が出るのはどんなときなのでしょうか?
ここでは、「ドーパミン」が分泌されると言われているタイミングを紹介します。

・美味しいものを食べているとき
・何かを達成したとき
・人から褒められたとき
・恋をしているとき
・セックスをしているとき
・好きな音楽を聴いているとき
・ご褒美があるとわかっているとき

「ドーパミン」が多い人の特徴とは?
アクティブだったり、新しいことが好きな人は、もしかしたら「ドーパミン」が多いのかもしれません。
「ドーパミン」が多い人の特徴を見ていきましょう。

1:アクティブなアウトドア派
「ドーパミン」は、好奇心にもかかわる物質です。
そのため、「ドーパミン」が多い人は、冒険や挑戦が好きな傾向に。
新しいことにも、臆することなくどんどんチャレンジし、刺激を求めるアクティブなタイプの人が多いようです。逆に、「ドーパミン」が少ない人は、新しいことをするのが苦手で、インドアの人が多くなります。

2:恋愛や浮気が多い
新しい刺激を得たり、恋愛感情が生まれると、「ドーパミン」がたくさん分泌されます。
そのため特定の恋人がいても、次々と交際相手を変えたり、浮気を繰り返す人も「ドーパミン」が多いのだそう。
安定的な関係ではなく、恋愛初期特有のドキドキ感や高揚感など、スリルを常に求めてしまう傾向にあるようです。

「ドーパミン」の出し方とは?
では、「ドーパミン」を出す方法をいくつか紹介します。
日常生活でもすぐに実践できる方法ばかりですので、やる気が出ないとき、集中力を高めたいときなどにぜひ試してみてください。

1:目標を細かく設定する
「ドーパミン」は何かを達成すると分泌されます。
やる気がなかなか出ないときは、目標を細かく設定するのがおすすめ。
例えば、「新規契約を3件とる」という大きな目標に対して、「新規顧客をリサーチしてリストを作成する」「電話を10件かける」「アポを1日1件獲得する」など、細かく目標を設定してみましょう。

一つひとつ達成するごとに「ドーパミン」が分泌されるので、モチベーションを高く保ちながら取り組むことができます。

2:ご褒美をあげる
上記のように、目標を細かく分けるのもおすすめですが、何か達成したら自分にご褒美をあげるのもいいでしょう。
例えば、「試験に合格したら、エステに行く」「このタスクが終わったら休憩時間にケーキを食べる」など。
何かご褒美があると、「ドーパミン」が分泌され、辛いことや面倒なことも頑張ることができます。

3:タンパク質を摂る
「ドーパミン」の原料はタンパク質とされているので、お肉や魚、大豆製品などの必須アミノ酸を摂るといいでしょう。
また、これらと一緒にビタミンB群やミネラルを摂るとタンパク質の代謝を促してくれます。
ちなみに、コーヒーや辛い食べ物なども、交感神経を刺激するので、「ドーパミン」を増やす効果があるそうです。

4:軽い運動をする
「ドーパミン」は、有酸素運動をすることでも分泌されると言われています。
仕事や勉強がはかどらない… と感じたときは、外に出て30分程度ウォーキングしたり、サイクリングをしてみましょう。
外に出られない場合は、その場で5回程度スクワットするのも効果があるそうです。

最後に
私たちのやる気や幸福感に大きくかかわっている「ドーパミン」。
仕事や勉強をしていると、どうしてもやる気が出ないときってありますよね。
そんなときは、今回紹介した「ドーパミン」の出し方を参考にして、ぜひうまくやる気をコントロールしてみてください。
?Gg[???ubN}[N??