発酵水は、母なる海の恵みの日本在来の天然海藻(緑藻類・褐藻類・紅藻類)
およそ30種類を独自製法で長期自然発酵させて、手づくりで原液づくりをしている発酵飲料です。

「多年草化した稲」の稲刈り



100%自然に任せっきりの米作りを目指す「稲の多年草化栽培」への取り組み、素晴らしいですね。
今年の稲刈りを終え、収穫量も普通の稲と全く変わらないそうです。
年々、着実に進化していらっしゃるようですね。

元々昔は、この稲作でお米をつくっていたと言われています。
何かの不都合で今の稲作に変えさせられたのでしょうか。

とても興味を持ちました。
これからも注目して学ばせていただきます。

多年草化した稲の稲刈り
小川誠 Facebook 10月7日 8:23



先週の土曜日に「稲の多年草化栽培」の研修生有志と今年多年草化した稲の稲刈りをしました。
ご覧の通り、多年草化した稲は普通の稲と全く差がなく、たわわに稔りました。

ここの稲は、多年草化した稲株一つから5本新芽が出れば、5本に分け、10本あれば10本に分けて植え替えたところです。
来年以降の再生を考慮して間隔をたっぷり取って植えました。

株分けしてもちゃんと育つことが実証できました。

冬期湛水のお蔭で草が生えないので、草取りは1回もしませんでした。
”成りすまし稲”である稗だけ数本穂をつけてからどけました。

このように株を分けて植え替えると、収量が高められるだけでなく、来年高密度で多年草化する可能性が高まります。
そうして、「100%自然に任せっきりの米作り」の実現にまた一歩近づくことができます。
?Gg[???ubN}[N??