発酵水は、母なる海の恵みの日本在来の天然海藻(緑藻類・褐藻類・紅藻類)
およそ30種類を独自製法で長期自然発酵させて、手づくりで原液づくりをしている発酵飲料です。

食べてはいけない スーパー・駅ナカの『お寿司』



先日の4月7日、「回転ずしネタの知られざる秘密」をご紹介いたしました。
本日は週刊新潮に掲載された「食べてはいけない スーパー・駅ナカのお寿司」をご紹介させていただきます。
引用元は山本敏幸さんのFacebook投稿記事です。

少しでも皆様の参考になりましたら幸いです。

山本 敏幸 Facebook投稿記事より
2021.6.10

食べてはいけない スーパー・駅ナカの『お寿司』
週刊新潮 添加物ざんまい! 着色料まみれ!

★ 『生鮮食品』のはずが発がん性という不思議!
★ なぜ『太巻』『ちらし寿司』が要注意なのか!
★ 江戸っ子も驚く『ワースト商品』ランキング
★ 『タール系色素』使用量トップはあの人気チエーン店。
米国では許可されない物質が野放し!

★ 124頁・125頁 【タール系色素まみれの『寿司』一覧】
タール系色素黄4、黄5、青1、赤102、赤106 、赤40、赤3を使っている寿司が実名で書かれています。
★ 126頁・127頁【 添加物ざんまい『ワースト商品』ランキング】
★『超加工食品』に特徴的な添加物等
香料、化学調味料、人工甘味料、着色料、色素、発色剤、増量剤、光沢剤、乳化剤、隔離剤、保湿剤など

■ 添加物ざんまい『ワースト商品』ランキング
●1番目に多いのは、ライフ社 ちらし寿司の『五目ちらし寿司』 15種類
●2番目に多いのは、西友、 巻物セットの『中巻きセット』 14種類
●3番目に多いのは、京樽の『おむすび弁当』 12種類
同3番目に多いのは、美登利の『おむすび弁当』 12種類
●4番目に多いのは、茶月の『サラダ巻き』 11種類
同4番目に多いのは、京樽の『ツナサラダ巻』 11種類
同4番目に多いのは、すし三崎港の『ツナサラダ巻』『青菜巻』 11種類
同4番目に多いのは、イトーヨーカドーの『当店自慢のサラダ巻』 11種類
●5番目に多いのは、イオンの『海老彩り五目ちらし』 10種類
同5番目に多いのは、サミットの『にぎりセット』 10種類
●6番目に多いのは、小僧すしの『手巻きミックス』 9種類
同6番目に多いのは、京樽の『にぎりセット』 9種類
同6番目に多いのは、ちよだ鮨の『初夏の海鮮だより』 9 種類
同6番目に多いのは、イオンの『助六』 9種類
同6番目に多いのは、イトーヨーカドーの『当店自慢の彩り五目ちらし』 9種類

添加物が15種類も入っている寿司は、スナック菓子や菓子パンレベルだ!

■添加物が少ない? 7種類のメーカーさんの商品
●小僧寿しの押し寿司『バッテラ』
●すし三崎港の『にぎりセット』
●ちよだ鮨の『京太巻』
●美登利の『にぎりセットや助六』
●イオンの『丼やいなり』
●西友の『助六やちらし寿司』
●ライフの『助六ほか』
●サミットの『巻物セット』
以上は添加物が7種類と少なめ?

〇フランスでは18歳以上10万人の食事を8年間集計すると、【超加工食品】が食品の摂取割合10%を超えると、ガンのリスクが12%上昇した。
〇上記は毎週45万部発売されている週刊新潮の最新版で、【食べてはいけないスーパー・駅ナカのお寿司】が全て実名で書かれています。

添加物が一番多いのは15種類、一番少なくて7種類も入っているお寿司を子ども達に食べさせるの?
?Gg[???ubN}[N??