発酵水は、母なる海の恵みの日本在来の天然海藻(緑藻類・褐藻類・紅藻類)
およそ30種類を独自製法で長期自然発酵させて、手づくりで原液づくりをしている発酵飲料です。

ワクチンはもうやめよう!


※稲刈り後の稲わら作業のひとコマ

ワクチンの問題については、8年ほど前に個人ブログをやっていたときに、「子宮頸がんワクチン」を取り上げたことがあり、そのあまりにもスゴイ反響に正直驚いたことを思い出します。

1日に5千件を優に超えることがしばしばありましたので、あまり軽々しいことは書けないなと感じたことを覚えています。
まだ幼い女の子たちからもたくさんのコメントをもらい、痛々しい切実な感じを受けました。

なので、いつかはワクチンの問題について情報収集して、記事にしたいとずっと思っていましたが、今回、小西裕美子さんが投稿した母里啓子さんの記事を拝見して、ワクチン全般に渡るとてもわかりやすい内容でしたので、一人でも多くの方に知っていただけたらと思いまして、UPさせていただきました。

それでは、小西裕美子さんのFacebookの投稿より、ご紹介させていただきます。

ワクチンはもうやめよう!
母里啓子(もりひろこ) 元国立公衆衛生院疫学部感染症室長

私はウイルスの研究学者として、また公衆衛生に関わる国の職員としてワクチンを見続け、半世紀以上となります。

■現在、予防接種の同時摂取後に、0歳児の赤ちゃんがたくさん亡くなっています。
乳児突然死症候群(SIDS)などとされ、親も泣き寝入りしている。

2011年、ビブワクチンと肺炎球菌ワクチンの同時摂取後に亡くなった乳幼児のことがニュースになりました。
明らかにワクチンによる被害でしょう。

しかし、厚労省の審議会により、これらの死亡例は予防接種と無関係とされ、すべての0歳児に推奨されるものとなったのです。

ニュースにならないだけです。
今も、予防接種後に赤ちゃんが次々に亡くなっています。
騒ぎにならないのがおかしいほど、ワクチン接種後に亡くなる赤ちゃんが増えているのです。
※乳児突然死症候群は、生後2ヶ月から6ヶ月に多い(厚労省統計)
ワクチン接種は生後2ヶ月から始まる。

■子宮頸がんワクチンは、定期接種となる以前から健康被害が相次ぎ、問題になっていたワクチンです。
摂取後の痛み、じんましんや発熱、痙攣、アナフィラキシーショック、失神も多発しました。

しだいに関節や筋肉が動かなくなり、歩けなくなる。
全身に激しい痛み、文字が読めないなどの記憶障害や視力障害。

被害者はこれまで病気一つしたことがないという女子中学生、高校生がほとんど。

いまだに子宮頸がんワクチンは中止されていません。
ワクチンの在庫をタップリ持っているメーカーや医師の意向もあるため、中止せずにおくということ。

■1989年にスタートしたMMR(はしか、おたふくかぜ、風疹)ワクチンが導入されてすぐ、赤ちゃんに無菌性髄膜炎が多発しました。

中止されたのは導入から4年後、1700人以上の被害を出すという最悪の結果を残して。

■危険だ、危険だ、怖い、怖い、そう繰り返し紹介される病気があったら、十分に気をつけることです。
その病気のワクチンや薬が近く売り出されるかもしれません。

命と健康を脅かされれば、人はお金を使ってしまう。
立派な経歴の先生の論文を引用して宣伝されれば、疑いもなく信じ込んでしまう。

そうした心理につけこんだ薬剤やワクチンの宣伝が、テレビや新聞で垂れ流しになっている。
宣伝に引用された論文には、データの改ざんやねつ造の可能性がある。

いかに薬がウソの宣伝をされて、売りさばかれているか。
ワクチンも同じ。
いいえ、ワクチンのほうがもっと悪い。
健康な人を相手に脅せば、1歳あたり、百万人の需要が確保できると言われている商品なのです。

子宮頸がんワクチンの接種の啓発を進めている医師や学者の団体が、ワクチンメーカーから莫大な寄付金を受け取っている。こんなことは氷山の一角。
ワクチンとしての価値がないとしか思えない子宮頸がんワクチンを中止しないのは、中止すると、受け取るものが減って困る人たちがたくさんいるからです。

WHOが奨めているために、厚労省も逆らうことができません。
WHO自体が子宮頸がんワクチンをすすめているのは、いったいなぜなのでしょう。
どこかからの圧力なのでしょうか?

■高齢者の肺炎球菌ワクチンは、肺炎による死亡率を減らさない。
高齢者の命を奪っている肺炎のほとんどは、嚥下(えんげ)作用が悪くなったことによって起こる「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」だからです。

食べ物などが間違って気管に入ることを誤嚥(ごえん)といいます。
誤嚥がもとで肺炎が起こるのです。

しかも、肺炎球菌は鼻や喉にいる常在菌です。
健康な人の喉にもいる菌です。
高齢者の施設などで感染防止のため打つ意味もありません。

2017年の夏までに35名もの肺炎球菌ワクチン摂取後の死亡例が出ています。
声を上げている人は氷山の一角です。

理由のわからないまま、具合が悪くなっている人もたくさんいることでしょう。
これだけ接種率が上がっていながら、肺炎で亡くなる高齢者はまったく減っていません。

■赤ちゃんへの定期接種となっているヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン。
肺炎球菌やヒブは、健康な人の喉にも潜んでいる常在菌なのです。

肺炎球菌ワクチンには、アジュバントという添加物も加えてあります。
ヒブワクチンは、破傷風の毒素を加えてつくられています。
同時接種で打ってしまったら、いつアナフィラキシーショックを起こしてもおかしくない状況です。

■常在菌である腸内細菌のことを考えていただければわかると思います。
人体のあちこちに普通にいる菌は、その健康を保持しているもので、排除すべきものではありません。
常在菌にワクチンは要らないのです。

■水ぼうそうは、子どもの誰もがかかり、薬もなく自然に治っていく病気です。
イギリス、フランスなどヨーロッパ諸国の多くは水痘ワクチンは定期接種に入れていません。
水ぼうそうは、自然にかかったほうがいい病気なのです。

■昔は産まれたばかりの赤ちゃんは、麻疹(はしか)にかからなかったのです。
母親からもらった免疫に守られて、2歳くらいまでは、はしかにかかることはありませんでした。
ところが今、1歳、0歳の赤ちゃんがはしかを発症しています。

麻疹ワクチンが今は1歳で打たれています。
0歳のときに打つ場合もある。
実際に、はしかにかかった子どもの約半数にはワクチン接種歴がありました。

お母さんはワクチンで免疫抗体をつくった世代。
ワクチンでつくられた抗体は、赤ちゃんに渡せるほど強くはなかったのです。

ワクチンが母子の免疫のつながりを壊してしまった。
0歳児がはしかにかかるようになったのは、ワクチンを打つようになったからです。

2016年、関西空港ではしかの感染が広がり、ニュースになりました。
ワクチンを打っていたにもかかわらず。
はしかに感染した人がたくさんいました。
ワクチンの効果は保証の限りではありません。

■ワクチン接種後に、子どもが障害児となったり、子どもを亡くしたにもかかわらず、「異常体質」なのではと言われたまま、多くの人が泣き寝入りしていました。

体質や心因性など、個人の健康状態のせいにしたり、別の原因で具合が悪くなったのだと、副作用の報告を無視したり、乳児突然死症候群として闇に葬ったり、目をそらそうとしている人たちがいる。

■日本脳炎ワクチンを接種した後に、目が見えなくなったり、半身不随になるほどの重い障害を残すこともある、急性散在性脳脊髄炎を発症する人が多発しました。

日本脳炎ワクチン接種後、重度の急性散在性脳脊髄炎により、深刻な後遺症が残ってしまった中学生。
10歳未満の小児が、接種後に急性脳症で死亡。
10歳の小児が、接種後に急死。

日本脳炎ワクチン接種後に、急性散在性脳脊髄炎を発症した例が、1ヶ月に1人出ているという高頻度。
日本脳炎で亡くなる子どもはもういないのに。

日本脳炎患者がどんどん減ってきたのは、ワクチンのおかげではなく、環境の変化によってである。
日本中で、日本脳炎ワクチンは要らないのです。
打つほうが危険なワクチンなのです。

■今の日本には、ジフテリアを発症する人はいなくなってしまった
ジフテリアワクチンが、いまだに化石のように定期接種に入っているのは、ワクチンがあるからなのです。

■何度も言いますが、インフルエンザワクチンは効かないワクチンです。
インフルエンザワクチンは、感染も防ぐこともできません。

しかし、国はワクチンメーカーを捨て置かず、官民一体となった大規模なキャンペーンが展開されることになったのです。
インフルエンザで高齢者が亡くなるという、脅し記事が新聞にあふれ、新型インフルエンザの恐怖もさかんに煽られました。

インフルエンザワクチンが感染を防がないことがはっきりしてから、インフルエンザワクチンは「感染は防がないが、重症化を防ぐ」という宣伝をしてきました。
何の裏付けもありません。

■インフルエンザ脳症の原因は、解熱剤
一時、脳症を防ぐためにと、インフルエンザワクチンが宣伝されました。

インフルエンザ脳症の原因は、インフルエンザではなく、ジクロフェナク(ボルタレン)、メフェナム酸(ポンタール)などの解熱剤が多くの脳症を引き起こしていることが明らかとなってきました。

■2009年、お年寄りに最優先で新型インフルエンザワクチンの接種が始まりました。
1週間のうちに、13人もの方が次々にワクチン接種後に亡くなったのです。
新型インフルエンザ流行時期において、インフルエンザワクチンを接種した後に亡くなった方のほうが、はるかに多かったのです。

まだ死にたくなかったら、インフルエンザワクチンなどは打たないほうがいいのです。

インフルエンザは、自然治癒する病気です。
薬は要りません。
抗生物質はウイルスには効きません。

発熱は、自分の体を守るための生体の反応です。
解熱剤でその熱を下げようとすることは、非常に危険です。
人間の体というものは、自分の体の自然な発熱で、自らに決定的なダメージを与えることはありません。

アメリカでは20世紀初頭、鎮痛解熱剤のアスピリンをインフルエンザ患者に投与すると、「ライ症候群」という激しい副作用が起こることがわかった。

タミフルを服用した10代の子どもたちが、マンションから飛び降り死するなど、痛ましい事件が多発しました。

インフルエンザに薬は要らないのです。
インフルエンザに手の消毒は意味がありません。
うがいも効果はありません。
インフルエンザは病院に行く必要もありません。
※病院に行くほうがかえって危険!

しっかりと発熱をして、十分に睡眠をとり、自分の体でウイルスを退治すれば、すっきりと自然に治っていくのです。インフルエンザはたったそれだけの病気なのです。

私は医学部に入り、ウイルスを学びました。
その上で、インフルエンザなんて「ほっとけ病」なんだからと、断固思うのです。

インフルエンザは怖いよ、怖いよと脅し続ければ、永遠にワクチンとインフルエンザの薬を売り続けることができる。永遠に続けられる商売なのです。
たくさんの人が依存して、利益を得ているのです。

■風疹は「三日はしか」と言うくらい、軽く済む感染症です。
昔は風疹の子が出たというと、「もらっておいで」と遊びに行かせたくらい。
近年、世界でも、風疹のワクチンを徹底している国で、風疹の流行がしばしば起こっています。

風疹、水ぼうそう、おたふくかぜ、インフルエンザなど、現在ワクチンのあるほとんどの病気は、怖い病気ではありません。
ワクチンの宣伝のために、怖い、重症化すると思わされているだけ、自然に治っていく病気です。

<メイヤー・アイゼンスタイン医師>
1976年の経験から、インフルエンザワクチンは効かないとわかっている。
当時、アメリカ人全員に接種を命令したとき、15~20%に接種したところで、ワクチンで死ぬ人はいても、インフルエンザで死ぬ人はいないときづき、即時中止となりました。

40~50人の死亡を報告されていますが、死者が40~50人程度じゃ止めませんから、数百人は死んでいます。
また、5千人が「ギランバレー症候群」になったとあります。
5千人とありますが、私が思うに少なくとも5万人はいます。
数が多すぎて止めざるを得なくなったんです。

今、イギリスで神経学の機関のトップが、新型インフルのワクチンでも神経疾患を引き起こすと警告を発しました。30年前からわかっているんです!

(司会者)
正直な医師が疾病予防管理センターの内部文書を指摘していましたね。
奴らがわかっている。

(アイゼンスタイン医師)
これはインフルエンザに限らない。
ワクチンが原因で撲滅された病気は一つもないとわかります。

(司会者)
上下水道、公衆衛生、栄養補給の向上で、伝染病が100年前から急激に減少する。
豪、米、英、加のグラフに、みんな同様の傾向がある。
そこへワクチンが世界中に普及する。
すると、こうした疫病が増加傾向になった。

従って、ワクチンは免疫系を痛め、実は問題の(病気の)原因になる。
これは疑いの余地がない。
だからこそ、優生学者らは接種させたがる。
すなわち、減少してきた病気を、再びはびこらせたいと、奴らは思っている。

(アイゼンスタイン医師)
まったくその通り。
彼らは、関節炎、がん、心臓病などの慢性疾患を蔓延させるにはどうすべきか思案したんです。

(司会者)
(ワクチンを打たない)アーミッシュは自閉症にならない。
自閉症の発症率は、27年前の2万5千人に1人から、現在は86人に1人。(米国政府統計)

<カート・ウォーラー博士>
人々はもっと知ったほうがいい。
インフルエンザワクチンには水銀が入っている。
ワクチンの保存料チメロサールは水銀で、それは急増している自閉症と直接関係している。

<シェリー・テンペニー博士>
不妊率は、今後激増します。
その原因が12歳のときに接種した「子宮頸がんワクチン」だと疑う人はいないでしょう。

この計画には、ロックフェラー財団、ベティ・モア財団、ゲーツ財団や国連が絡んでおり、国連は「人口削減のためのワクチンプログラム」で、過去にも摘発されています。

これは世界的に行われている計画です。
政府も協力して、1人当たり3本で500ドルもするワクチンを無償で提供するために、莫大な予算を使っています。
そのためメキシコでは、すべての少女と少年に子宮頸がんワクチンが強制されるようです。

インフルエンザワクチンは効果のないものですから、リコールして回収すべき商品です。
自閉症は増える一方で、現在では110人に1人の割合まで上がっています。

自分自身でよく勉強し、子どもにはワクチンを打たせず、むやみに医薬品も与えず、オーガニックな食品を与え、子どもの健康のために最善を尽くす親である人々、この世界はあなた方の子どもたちが受け継いでいくのです。

多くの医者の頭が固くなってしまうのは、医科大学の在学中から始まります。
みんな画一化したロボットのようになってしまうのです。
誰がこのロボットを操っているのでしょう。
彼らは自分の頭で考えることもできず、すべてのワクチンを打たせるべきだと、攻撃的に命令します。
その理由と言えば、安定した給料とボーナスのためなのです。

いったい、何が起きているのでしょう。
すべて人間が人間にしていることなのです。
ワクチンも人が人にしている。
それは、お金のためだったり、ビジネスのためだったり、利益のためです。

本当に恐ろしいことです。
これらの計画の立案者で世界のトップにいるビルダー・バーグ(※)について話すこともできますが、その下に彼らの手先となって、ワクチン接種を推進したり、医薬の処方箋を出す大勢の人がいるのです。

「日本の全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会がまとめた副反応症状」動画
「水銀」が原因の「水俣病」の症状に酷似している。
https://youtu.be/BGjn1ZOnRiY

水俣病の症状 動画
https://youtu.be/ihFkyPv1jtU

※ビルダー・バーグ会議は、1954年から毎年1回、世界的影響力を持つ人物や企業、機関の代表が130人から150人ほど集まり、世界の重要問題や今後の主に政治経済や社会などを主なテーマに完全非公開で討議する秘密会議。
影の世界政府、世界の行く末を決める会議とも言われている。
(Wikipediaより)
?Gg[???ubN}[N??